キキの家

アニメ「魔女の宅急便」に出てくるパンやさんは、オーストラリアのタスマニアにあるパンやさんがモデルと言われています。
宮崎さんは「どこそこをモデルにした」とはいっさい言わないんだけど、
似てるってことでそこが人気になるケースが多いんです、
日本人ってすごいですねー。

それに、たしかに似てるんですよね。
私も行ったことあります、というか、店の前を通りました、
そしたら日本人がいっぱいいてびっくいして「何??」って思ったらそういうことだった、ということです。

そのお店には「キキの部屋」もちゃんとあって、私が行ったすごーーい昔は
何年も先まで日本人の宿泊客の予約でいっぱい!
、、ということでした。
すごーーい。

裏からとった写真を一般の人が投稿してるのですが、
まさしくキキの部屋に行く階段そのものでした。
宮崎さん派ここを訪れているんでしょうね。

でもあのパンやさんがあるとされている街はスウェーデンがモデルです。
複雑ですね。

スタジオ・ジブリのアニメってとかくヨーロッパの町がモデルになることが多いんだよね。

おあんやさんはオセアニアでしたけど!

このブログ記事について

このページは、たくまが2019年1月 1日 17:17に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「里緒菜さん」です。

次のブログ記事は「家族からの教え」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。