2019年2月アーカイブ

家族からの教え

家族からの教え・・・なんだかすごい感じがしますが、いえいえ、すごいんですが、
親がね、、お父さんがカラテの師匠だと、カラテの教室にいかなくても
お父さんから教わればいい、という考えの人がいて、
うーん、それってどうなんだろうって思いました。

知ってるカラテ教室は、お父さんが師匠だけど、ちゃんと月謝払って教わっています。
お父さんが直接教えてる場合もあるけど、普通に教室での稽古です。
その方がより身体の使い方もわかるし、友達もできるし、まわりの子がどうやって上達してるのか、とか、
いろいろな意味で有効だと思うのです。

なのでお父さんが師匠でも、教室に行こうよ!・・・ってことですな。

他の話では、例えば英語を教わるときに、
あんがいハーフの子は親から英語は教わってませんね。
家族での言語学習ってうまくいかないんですって。
ちゃんと学びましょう、ってことですかね(よくわからなくなってきた)。

家族が先生と呼ばれる人でも、その生徒としてちゃんとやらないと上達しない、
って事がいいたい、、、かな(お!まとまった!)

うちの親は何の先生でもないからいいんだけどね(これがオチ?)。
でも、人生の良き先生でした。(おい、まだ生きてるぞ)

このアーカイブについて

このページには、2019年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2019年1月です。

次のアーカイブは2019年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。